戸田みどり展 見捨てられた牛―明日へ

 未曽有の大災害・東日本大震災の中で起きた福島原発事故、「あの日から10年終わりなき原発被害」を直視し、現地の「見捨てられた牛」や子供、自然を描き、詩をもって訴え続ける戸田みどり先生が、個展を開催します。昨年4月に開催目前で新型コロナウイルス禍による会場閉鎖でやむなく中止せざるを得なかった企画を、今年はどうしても実現したいと準備を進めておられます。
 現下のウイルス禍が1日も早く収束して日常生活に戻り、この個展が安全にできる事を祈りましょう。