おすすめ

会員の広場

絵画展と会員の情報


  展覧会の登録 ログインID:                  
     認証番号 :
*会員(代表者)が直接投稿する場合の設定
*当面は、直接「投稿」は、できません。

終了した展覧会等は、サイト管理者が適宜削除いたします。

絵画展日程表

更新日: 2021年1月27日

開催された作品展等の関連ページを下記のリンク(アンダーバー)でご覧ください。

会期 開催名称趣旨内容会場主催者・
団体名
連絡先・
電話番号
1/18㈪~1/25㈪さがみハート展巡回展上溝南中学校生作品を含む28点展示上溝南中学校
  WEBで見る
同校042-763-0155
2/1㈪~2/13㈭
日曜休館
嶋岡貞子日本画展~思いのままに嶋岡貞子日本画作品個展

ギャラリー誠文堂   042-756-3178
ギャラリー場景・作品を見る
嶋岡貞子(みどり会会員)誠文堂中央区中央3-7-1 
2/1㈪~2/28㈰さがみハート巡回展みどり会会員作品を展示しますレストランあい

 *WEBで見る
みどり会(絵画)042-761-1440 岡村
4/1㈭~4/12㈪『見捨てられた牛―明日へ』
戸田みどり展
大地、そこに住む、活きる全ての命や、声なきうめきや叫びを、わたしは絵を通して人々に伝え、子供たちが思いきりかけ回ることの出来る故郷を残したい。

戸田みどり詩画集「見捨てられた牛」より
相模原市民ギャラリー

関連投稿記事(リーフレット)を見る

開催の場景を見る
日本画家
戸田みどり
(日本美術家連盟会員
相模原市芸術家協会員)
連絡先:046-258-3963 戸田みどり
2021年6月22日より
WEB公開
第5回花の絵画WEB展(公募)花を愛し絵を愛する方々の作品を公募、WEBサイト絵画展で公開。
[サイトアップロード]
6/22㈭~
リアル「花の絵画展」は中止、WEB絵画展になりました。

花の絵画展』サイトを見る
花の絵画WEB展実行委員会*主宰042-815-1765藤井ふみよ

*WEB絵画展担当:
042-774-9097河原
5/13㈭~5/17㈪
(公募)第7回さがみ水墨・日本画協会展
ジャンル:水墨画と日本画。相模原市民ギャラリー

2021年第7回協会展を見る
さがみ水墨・日本画協会042-763-1316  古田 雅
6/16(水)~7/15㈭さがみハート巡回展2020年第12回さがみハート展出展作品中、南区関係作品10点を出展します
http://www.sagamiharashishakyo.or.jp/lounge/
南区地域福祉交流ラウンジ(ボーノ)TEL:042-701-3388

さがみハート巡回展(ボーノ)

◆会期  6/16㈬~7/15㈭
◆会場  南区地域福祉交流ラウンジ
   相模原市南区相模大野3-2-2(ボーノ相模大野2階)    TEL:042-701-3388
◆出展作品  作詩者南区関係者の絵画作品(コラボ)10点

第7回協会展無事終了しました

 当協会の第7回さがみ水墨・日本画協会展は、5月17日、コロナ感染のアクシデントもなく無事終了いたしました。運営に当たられた役員の方々、先生方、会員の皆様、ご来場いただいた絵画愛好家・ご家族の皆様のご協力の賜物と深く感謝申し上げます。
 ウイルス感染にはくれぐれも注意して、来年の開催をお楽しみに、1年間お過ごしいただきます様お祈り申し上げます。

第7回協会展応募締切り、万全期して開催します

 当協会では、第7回さがみ水墨・日本画協会展(公募)の出品者を募集中でしたが、本日18日で締切になりました。5月13日㈫からの会期、絵画愛好の皆様をお待ち申し上げます。
なお、ウイルス禍の時節柄、万全の対策で、安心してご観覧いただくため何かとご不便をおかけいたしますが、ご協力のほどお願い申し上げます。
 協会展のウイルス禍対策参考資料を掲載いたします。詳細は、「協会展要項」のページ(リンク)をご覧ください。

第7回協会展DM

3/28協会運営委員会開く

 協会では、3月28日、相模原産業会館において、一向にコロナウイルス感染の収まらない中総会を中止し、運営委員会を開催、総会に変わる審議を致しました。
 例年の総会同様、活動・決算報告、新年度活動方針、予算、第7回協会展などを決定しました。また、この「さがみ水墨・日本画協会」サイトが、協会の公式サイトとして承認されました。決定文書等は、後日事務局から報告されます。

3/28運営委員会
3/28運営委員会

戸田みどり展、12日本日最終日

 4月1日から戸田みどり展が、相模原市民ギャラリーで始まりました。テーマは「見捨てられた牛―明日へ」です。4月12日まで開催されます。
 悲惨な原発被害を見捨てられた牛を描くことで、その理不尽を戸田先生は訴えられています。皆様のご観覧をお待ちします。

戸田みどり展 見捨てられた牛―明日へ

 未曽有の大災害・東日本大震災の中で起きた福島原発事故、「あの日から10年終わりなき原発被害」を直視し、現地の「見捨てられた牛」や子供、自然を描き、詩をもって訴え続ける戸田みどり先生が、個展を開催します。昨年4月に開催目前で新型コロナウイルス禍による会場閉鎖でやむなく中止せざるを得なかった企画を、今年はどうしても実現したいと準備を進めておられます。
 現下のウイルス禍が1日も早く収束して日常生活に戻り、この個展が安全にできる事を祈りましょう。