第4回協会展場景アップ

 第4回協会展は、最終日には、日本画家・大矢十四彦先生・大矢真嗣先生による「講評会」が開催され、一つひとつ丁寧な講評をいただき大変な好評でした。また、戸田先生が、年来の原発事故の被害を訴える作品を集大成し、詩画集「見捨てられた牛―フクシマより」を出版、放射能汚染で苦しむ牛の3部作対策を発表されました。